ジアン

国別カテゴリーはこちら


shiroyama_a-20104

陶器メーカーのジアン社は、1821年にフランスのロワール川河岸の、古来より王侯貴族の狩場として知られるジアン市に、イギリス人のトーマス・ホールによって設立されました。
特徴としては、生地は滑らかかつ乳白色で磁器に近い硬度であり、 デザインは花や自然をモチーフとした色鮮やかなものや、17~19世紀のフランス、ヨーロッパの陶器を反映したもの、東洋の陶磁器から影響を受けたものもあります。部分的に職人による手作業で製造されていて、製品ごとに微妙な差異を持っているので、あたたかみのある感触を感じさせてくれます。




・コーヒーメーカー、ミル、ドリッパーなどの2chでの評価を集めたサイトはこちら

ロイヤルクラウンダービー

国別カテゴリーはこちら


royal1

ロイヤルクラウンダービーは、1750年イングランド・ダービー州で創業した、英国でもっとも歴史のある陶磁器ブランドのひとつです。
創業以来チェルシー窯、ボウ窯など由緒ある磁器工場を傘下におさめ、1890年に「女王御用磁器工場」の指定を受け、「ロイヤルクラウンダービー磁器製作所」の社名を用いる特許を受けました。
260年にわたり、英国王室を始めとする王候貴族に愛され、その確かな技術、高い品質、美しいデザインは、イギリスで格調高いライフスタイルの象徴とされてきました。
現在ではイギリスの陶磁器のほとんどがイギリス外での生産となっていますが、 ロイヤルクラウンダービーは英国内で生産し続けている貴重なブランドです。



・コーヒーメーカー、ミル、ドリッパーなどの2chでの評価を集めたサイトはこちら

ロイヤルアルバート

国別カテゴリーはこちら


34119833
ロイヤルアルバートは1896年にトーマス・ワイルド氏がストーク・オン・トレントにおいて創業した、比較的新しいイギリスの陶磁器メーカーです。ブランド名は創業者がヴィクトリア女王の夫アルバート公と女王夫妻の孫アルバート・ジョージ王子にちなみ「アルバート」と名付けました。創業の翌年1897年にはヴィクトリア女王即位50周年の記念品を制作し、その7年後には「ロイヤル」の名誉ある称号を得ます。王室御用達の名にふさわしいハンドペイントの素晴らしい製品を作り上げ続けている一方、一貫してリーズナブルな価格のボーンチャイナを提供するという方針をもちます。
「モントローズシェイプ」という、カップの口を当てる部分の形は、紅茶を最もおいしく飲むための究極のシェイプといわれています。
イギリスの国花であるバラの花柄を描いた「オールドカントリーローズ」のシリーズは1961年の発表以来、その売上総数が8500万点に達するという圧倒的な人気を誇っています。




・コーヒーメーカー、ミル、ドリッパーなどの2chでの評価を集めたサイトはこちら

ビレロイ&ボッホ

国別カテゴリーはこちら


_SL500_AA300_
ビレロイ&ボッホは日本ではあまり馴染みのないメーカーですが、ドイツのメトラッハに本社を持つヨーロッパでも最大の陶磁メーカーのひとつです。
ビレロイ&ボッホはドイツ人のフランソワ・ボッホにより、マイセンに遅れること39年後の1748年に、現在のフランス・ロレーヌ地方に創業しました。その後、ルクセンブルクにも工場を設立し、ハプスブルク家の援助を受け、王室御用達の窯として発展します。
1836年、同業者でありライバルでもあるフランスのビレロイ家と合併して「ビレロイ&ボッホ」となり、ドイツに本社を構えることとなりました。
その特徴はドイツのすぐれた技術とフランスの繊細な美的センスの融合にあると言われています。



・コーヒーメーカー、ミル、ドリッパーなどの2chでの評価を集めたサイトはこちら

フッチェンロイター

国別カテゴリーはこちら


img_806661_26070098_0

フッチェンロイターは1814年、バイエルン地方のホーエンブルクでカルル・フッチェンロイターによって創業されました。
そして創業以来、伝統を重んじ「人間の手に勝る技術・機械は存在しない」という信念を貫き、数百人の手を経て白磁が完成され、絵付け作業も手作業に拘っています。
この窯の特徴は芸術性を残しつつも実用性・機能性を重視するところであり、製品にも品の良い落ち着きが現れています。


・コーヒーメーカー、ミル、ドリッパーなどの2chでの評価を集めたサイトはこちら

アクセス解析
QLOOKアクセス解析
  • ライブドアブログ